フィナステリドの作用機序とは

作用機序とはあまり聞き慣れない言葉ですが、簡単に言うと、薬がその効能を発揮するために発生する特異的な生化学的相互作用のことです。フィナステリドの作用機序を説明する上で欠かすことが男性ホルモン、5aリダクターゼ、そしてDHTと呼ばれる存在です。額の両端に切り込みを入れるように脱毛や薄毛が広がる、あるいは頭頂部に円を描くように脱毛や薄毛が広がる男性型脱毛症の発症には、男性ホルモンが毛乳頭や毛母細胞にある男性ホルモン受容体に潜り込むことからスタートするものもあります。するとそこで男性ホルモンは、5aリダクターゼと言う特定酵素の働きを受け、DHTと呼ばれる物質に変換されてしまいます。このDHTには、過剰な皮脂を分泌させる作用や脱毛を促進させる物質を分泌させる作用があるため、脱毛や薄毛が発生してしまうと言うわけです。5aリダクターゼには2種類あるのですが、この内1種類は、前頭葉や頭頂部の髪の毛の毛母細胞や毛乳頭に多く存在していることから、男性型脱毛症になるとその部分の脱毛や薄毛があらわれると言うわけです。フィナステリドはこの一連の流れの中で、5aリダクターゼの活性を抑えると言う作用を持っています。ですから、フィナステリドを服用することで、5aリダクターゼの活性が抑制され、男性ホルモンがDHTになるのを防ぐことができると言うのが、フィナステリドの作用機序となります。この作用機序からわかる通り、フィナステリドは、それを飲むことで直接、発毛作用があると言う成分ではありません。脱毛や薄毛の原因が解消され、それによって症状の進行を抑えることが期待できる成分です。しかし実際には、そのことによって毛の質が変化する、太く、長く、強い毛が生えやすくなることが報告されています。
■さっそくチェック!
フィナステリドは抜け毛予防に有効!
■フィナステリドが含まれているAGA治療薬
プロペシアの効果を知る
フィンペシアで発毛治療
■フィナステリドの他にも発毛効果のある成分
ミノキシジル

ページトップへ