フィナステリドとVEGFも体の状態を解析してから

薄毛や脱毛などの治療に使われることが多いフィナステリドは、もう定番の存在と言ってもいいぐらいです。AGAの治療に出かけたらフィナステリドの処方もほぼあるぐらいですから、効果も認められているものとして認識されています。また、他にも有効な成分としてVEGFがありますが、育毛対策をしていくのには血流対策が不可欠です。

どんなに日々タンパク質やミネラル、ビタミンなどの栄養素を欠かさず取っていたとしても、血行が悪ければ体内の必要な部分まで栄養は届けられる事はありません。VEGFは傷ついた血管を修復したり、新たに作り出すという事もしてくれます。血行促進には重要な存在となっているのです。

クリニックで治療の際には検査などを行って自分自身の体がどのような状態であるのか、解析を行ってから治療を進めていきます。また、解析後にどんな治療をしていけば効果も出やすいのかという事も相談する事になります。クリニックによって一般的な治療を行う事もあれば、フィナステリドやVEGFなどの効果があるものを併用して処方をするオーダーメイドな治療をしてくれたりもするので、予算や期間に応じて改善をしていきたいものです。

自分の頭は鏡で見ればボリュームがどれぐらいになってきたかというのはよく分かるのですが、体内の状態に関しては検査を行って解析してもらわないことには詳細は分かりません。効果的な治療を進めていきたいと思うのであれば、しっかりと自分の体をもっと見つめなおしていく事も大切です。薄毛を改善しようと思ったらそれ相応の期間も必要となりますので、自分でどれぐらいの時間とお金を使えるかも考えながら治療の相談をして頑張っていきましょう。

ページトップへ