遺伝のAGAはフィナステリド有効だが整髪料控えよう

男性にとって薄毛の発症はとても辛いもので、仕事や私生活で人と会って話す時も相手の視線が気になって仕方がなくなってしまいます。また鏡で自分の姿を見るたびにストレスが溜まって更なる薄毛を引き起こしてしまうケースも少なくないでしょう。これらの症状を引き起こす可能性には様々なものがありますが、とりわけ最近注目を集めているのがAGAという病気に由来する薄毛です。

AGAとは男性ホルモンと頭皮の5αリダクターゼという酵素が反応してDHTという物質を作り出し、これが頭髪のヘアサイクルを狂わせて抜け毛や薄毛を拡大させていくのです。AGAを発病する原因に関してはまだ解明されていない部分が多いものの、親からの遺伝も大きな影響を及ぼすといわれています。男性の場合、母親から受け継ぐX遺伝子の中にDHTを感知してヘアサイクルを乱す機能が含まれており、これは男性ホルモンがないと引き起こされないため母親に薄毛がもたらされることはありませんが、母方の祖父が薄毛ならば隔世遺伝となってその孫に症状が及ぶ可能性があるので注意が必要です。

また、AGAの特効薬としては医療機関で処方されるフィナステリドを含んだプロペシアなどが有名です。フィナステリドは5αリダクターゼのII型の働きを抑える効果があり、これを服用することで頭髪の成長サイクルを正常化させることができます。

ただし、フィナステリドでAGAが改善されたとしても、その他の部分で頭髪の成長を阻害する習慣を行っていれば効果が台無しになってしまいます。たとえば整髪料を使用している人は注意が必要です。整髪料は頭皮に付着すると肌が荒れてしまったり、乾燥状態をもたらすことがあります。また整髪料が皮脂やゴミなどと共に毛穴を詰まらせて頭髪の成長を妨げるケースもすくなくないので、こういった事態に該当するならば利用を控えた方がよいでしょう。

ページトップへ