頭皮の禿げにはフィナステリドが最適

元来、フィナステリドは前立腺肥大症や前立腺がんといった症状を治療するために用いられてきました。
しかし、フィナステリドを投与すると患者の毛髪が濃くなるという変化がみられたため頭皮や毛髪の環境を整え禿げが解消する効果があるとして用いられるようになりました。
こうした事例がきっかけとなり研究が行われ、AGAにおける禿げに有効であるということが明確になりました。
1998年に販売され、世界で60カ国以上で使用されました。
日本においても医薬品として正式に認可を受け2005年に販売が開始されました。
フィナステリドにより解消できるAGAは、毛髪が本来の周期より早く頭皮から抜け落ちてしまい禿げてしまう症状です。
通常は3年から6年という周期が数ヶ月もしくは1年以内という短期間で頭皮から抜け落ちてしまうようになります。
そして、生えている毛自体も徐々に細くなりはじめ、うぶ毛に近い状態のものが生えてくる程で、最終的にはこうした毛も存在しなくなります。
そして、20代から30代の若い年齢で頭皮に禿げの症状が起こることを若年性脱毛症と呼び、30代から40代で起こることを壮年性脱毛症と呼びます。
このように年代毎に異なる呼び名を総称してAGAと呼ばれています。
フィナステリドを使用する際に気をつけるのは、必ず毎日同じ時間帯に飲用するということです。
一般的な薬のように食前もしくは食後というタイミングに気をつける必要が無いものの1日の中で乱れた時間に飲用するのではなく毎日同じ時間に服用することが大切です。
毎日同じ時間に飲むことで成分が血中において安定した濃度で保つことが可能になるためです。
そのため、フィナステリドの持つ作用を最大限に得られます。

ページトップへ